2016年03月06日

◆春は風の邪気に注意!です

【春が来るよ♪でも、体調は・・】

昨日は二十四節気の3番目「啓蟄」でした。
虫が目を覚ます、という季節。
私たちの身体も春に向けて代謝が活発になってきますね(^^)


整体では、春が最も要注意、体調が変わる不調の時期です。
「冬必要だった養分はいらなくなり、身体の表面に浮く」
と考えられています。
風が強くなる時期でもあり「めまい」と関係する不調も増加。

肌は排出器官ですから、皮膚の不調、アレルギーなどが
身体の表面に不要なものとして浮いてきます。

風のいたずら、風邪(ふうじゃ)は、頭部全体に影響します。
頭痛、鼻炎、耳鳴り、冷えのぼせ・・・
こういう症状が2ヶ月程度続いていきます。



【春は身体の衣替シーズンですよ】

秋実った食物を蓄えて収穫のない冬を過ごしてきたのに対して、
これから新しい栄養が必要になります。
でも、まだ春は幼い芽の季節で、未熟な栄養しかありません。
身体を本格的に作る時期の準備期間にあたるのが春というわけです。

整体では、春の味覚は苦み、毒。
そこで、山菜類を適度に食べます。
山菜のほろ苦さには、ある毒も含みます。
その苦みが身体に春を告げ、余分なものを押し出します。

冬のコートを脱ぐように、余分なものを脱ぎ捨てて
新しい身体を作る=代謝のシーズンを待ちましょう(^^♪

BnrfMR6CUAA2jU3.jpg














posted by ミニョン mignon at 14:33| パリ ☀| ◆体調が崩れたら・・・自分で癒す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする