2014年01月19日

◆「リベルハーブピーリング」で美肌再生

ラサンテミニヨン札幌では、髪、肌、健康いずれも
「自己再生、免疫の働き」に注目してきました。

肌再生の増殖因子を日本で初めて化粧品レベルに落とし込んで
商品化した美容液を2007年から取り扱っています。
2013年には肌再生のFGF(繊維芽増殖因子)注入で
日本で症例数ナンバーワンのベル美容外科クリニックと提携
いたしました。

ベル美容外科クリニックは、真皮に金を埋入することにより、自力で肌再生のちからを取り戻す
「金の糸美容術」においても、やはり症例数ナンバーワン
(2014年1月現在)です。

しかし、クリニックの美容術を受けるには抵抗のあるかたもいらっしゃいます。
では、金の糸美容術と同じように肌を再生させるサロンの技術はないのでしょうか?

それが、あるのです。

ベル美容外科クリニックの監修により完成したのが美肌再生の美容術「リベル・ハーブピーリング」です。

ピーリングというネーミングには「皮をはぐ、剥く」というイメージが強く私は抵抗がありますが、
実際は「肌が目覚めて自分で新しい肌を作る」ということです。
つまり「勝手に剥けてくる」というのがケミカルピーリングと違う点です。

リベルハーブピーリングでは、従来のハーブピーリングではできなかった
「ひとりひとり、肌質に合わせて」の施術が可能になりました。
そのため、スポンジアのチクチク感も強くはなく、
(推奨する製品はありますが)アフターケアの専用商品を使う必要はありません。
次回までの施術サイクルは2週間と短いのです。

施術の最後には、肌の奥に増殖因子の原液でできた美容液とパックで「肌を生み出すちから」を与えます。
「いらない角質を自ら脱ぎ捨て、中から新しい肌を生み出すちからを与える」
最も進化した、サロンの美肌再生美容術と言えます。






posted by ミニョン mignon at 16:43| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆リベル・ハーブピーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック